2018年1月21日日曜日

左官 と タイル と瓢箪

左官職人に憧れています

最近、アトリエのリフォームの勉強のため

図書館で本とYouTubeで漆喰塗り、タイル貼り

を研究しています。

左官職人の人がパティシエのように

壁を塗っていく様がかっこよすぎて!

均一に手早く滑らかな手捌き。。。

んー実践あるのみなのです

漆喰塗りは、前に宮古島の赤瓦の屋根の古民家に

住んでいた時、雨漏りの屋根を漆喰塗りして、

寝室は、コズミックヘンプを下地に塗り

上は、漆喰、海砂、ヘンプチップと混ぜて塗りました。

貝殻を沢山埋め込んで素敵な壁になりました。

今回の古民家は、壁を弁柄漆喰にしようと思っています。

土壁の部分に  エンドレスノットもいいなと

イメージを考えています。

タイルはみなさんから沢山頂きましたので

モザイクにしていこうかと思っていますが

20×20の大きめのタイルも来たので、手間もはぶけて

これをバーーーーンっとはるのもいいかもしれないし、

バリバリに割って、スペインのグエル公園のようなガウディの作品みたい

に楽しくするのもありかもしれない。。。と
イメージを膨らませています。。

サンタフェや、メキシコのようなタイル貼りも

素敵なのですが、このザ、日本の家屋に、中米Styleは


合うのか、自問自答を広げています。


日本の古民家なので、古き良き日本をそのまま感じれる

簡素な シンプルな  方が  いいのかもしれませんし。


何故か、ここは外国の方が来るんじゃないかと

思っていて  日本と西洋を混ぜてもいいかもしれないとも。。


なんといっても「瓢箪のある暮らし」がテーマ

なので、世界中の瓢箪  を暮らしに使い、味わうことを

してみたいのです。

私のコレクションを全て実践、実用化させることで

瓢箪の無限さを楽しめたら   暮らしが面白いのではないかと。


手が8本ほしくなるくらい   あれもこれも  やりたいことが


たくさんです。  


もうすこし、   器用になんでも出来るようになろう


大工仕事もパソコンのやり方も

わからないので  まだまだ勉強することが山のようにあります。


少しづつだけど  具現化させていく次第であります






2018年1月15日月曜日

1/24(水)Hyoutami Live&瓢箪笛ワークショップ

1/24(水)
Hyoutami Live & 瓢箪笛ワークショップ
のお知らせです。
 

 二部制になっており、お昼は、ひょうたん笛のワークショップ、
夜はひょうたみliveになります。

「ひょうたん笛ワークショップ」
 14:30START~(約二時間)
参加費1200円+ワンオーダー (要予約制限定15人)
          
ひょうたんを使って笛を作ってペイントしてみよう! 
界にたった一つだけのひょうたん笛を作って 
鳥と交信して 吹いてみましょう*


「hyoutami LIVE」
START19:30~    ...
参加費 自由料金制(ドネーション)
+ワンオーダー

開場
Natural food Village
〒6068175 京都市左京区一乗寺築田町95 第一メゾン白川202
電話・075-712-3372
問い合わせ・予約: hyoutami ☆彡 gmail.com(☆彡を@にかえて)
 
 
 
 
 

hyoutamiプロフィール
ひょうたんをこよなく愛する唄うたい。広島出身・在住。9年間の沖縄は宮古島生活にて日常にある音楽・唄に出会い歌いだす。日々の暮らし・内なる気づき・子育て・旅・をとおして降りてきたうたを織りなし表現する。2013年「今ここ」デモCDリリース・2015年「ウタタネ」CDリリース
 
 
 
 
 
 
瓢箪笛  つくり  ふいてみます。
 
 
 
 

日々の自然から














日々うまれたモノ














2018年1月7日日曜日

2018年ohana

あけましてお芽出とうございます。新暦

今年もよろしくお願いします。

2018年は未知の世界の幕開け

何が起こるかわからぬ
だけれども、愛の意識を胸に一歩一歩確かに噛み締めて歩きます。


ありがたいことに身体があって
息をして  見れる目があり 二本の足がある


こんな奇跡のようなモノを授かって
ほんとうに使いこなせるようになりたいと心底思います

太陽あたたかな正月でした。

子供たちといる時間がとても愛おしく
夜寝る前に布団の中で子供たちと話す時間が楽しくてワクワクして大笑いして、
寝れなくなることが多々ある冬休みでした。子供たちがどんどこ大きくなって、
あっという間の時を噛み締めて::::
川の字で寝る事を愛おしく目を瞑りました。
子供が可愛いので
また子離れできるだろうかと思います
私は親というより  なんなんだろうかな
と思うことがあります
ほんとうによくわからない感覚です
子供たちは誰のモノでもないのですから
みんながお母さんお父さんでみんなで
育てて色んな人と触れ合ったらいいと思うのです。私で補えない愛を沢山の人が与えてくれる いろんな愛を受けて育つといいように思う。
私だけの価値観だと狭すぎるし
いろんな世界を見てきたらいい
私が教えてあげられることはいったいなんだったかな、とまた思うています。
作ること描くこと歌うことの楽しさは教えてあげられるのだけど、、、。




母と子
さあ、どうやって生きていこうか?


生きるって?


こんな風にみんなそれぞれに思っていると思います



外壁の事は   等身大になると悩みますが、


内側で  真実へ帰還します。

ああ、ここにこころここに
気づけて良かったと心底思うのです。


安堵の場所はどこにでもない
ここ  ここに  あるから。。。


ただ生きて。



どうしようもこうしようも
ジタバタしてもはじまらないです。




そんな中

私は


タイルを探して
いっこいっこタイルをはめていくことにします。

どんな壁画ができるのでしょうか。?!



種を蒔いて
芽が出て 
広がって
膨らんで
花が咲いて
萎んで
ぐるっとまわって
枯れて
土に還って
種を蒔いて
また芽が出て

そのいっこいっこ の  つらなりを

大切にあたためて抱きしめて



そっと撫でてあげて

たら


いつの間にか


壁画ができているかもしれない。




とことん   ::わたし::   という  つらなりを


愛する   だけ   だったね〜











目の前の   花    に:::わたし::  の



つらなりを    みる   のです。



あけました





     *
×   ++   ×
 ・*・
・・・・
   ・・













2017年12月28日木曜日

尺八

先日アトリエをお掃除していたら

着物の布で作った棒みたいなモノが出てきて、おそるおそる巻物かなにかか?!

と思いきや、「尺八」が出てきました。


その日から  強制練習?! 
吹かずにはいれないので吹いてます。

が!        難しいのです!


だいたい息の吹き方と角度、微細な吹き方で音は出たのですが。。。


息継ぎ   と   息の吐く    のが短く
音を長く〜〜出す事が難しいのです。


鯨の感覚での呼吸の意識か
深く呼吸するのが必要なのか


凄く奥深くて、、、


これは生涯のうちに吹けるのか
生涯練習 がきました。


でもこの音色は懐かしくて、知っている感覚です。


尺八を吹いていると   
水辺に映る  月明かりが  水面に揺れて
暗闇の中で 静かに  光る水面に見る   音


ここに暮らしていたお爺さんが吹いていたのだろうかと想像して。。。


宝物を授かった 。




尺八   


日本の楽器が  やってきた。



日本の音を奏でたいなと思い早何年も。。。



尺八を通して  日本の音  に触れられ
奏でれるだろうか



とりあえず  

尺八を綺麗に拭き磨きました。



尺八さま

ようこそ!
おたみはんです!
よろしくお願いします!





みなさま   今年2017もありがとう!
(新暦ではですが。)

来年はいよいよ2018

基盤と日々の意識生活精進
土と戯れ火と戯れ水と戯れ
戯れ、触れ、観、磨、見、
意識の意識の意識の奥の還元
神殿身体、神殿土、 
うまれ、たち、あるき、まう
おん    て ん      あ  い     くう
 


                     +




                〆88〆



















2017年12月21日木曜日

点と線と導き

人と出会うのは


点と点が 結ばれ  線になり    


まるで星座のようで


視点を変えてみると


万華鏡のように広がり変幻する


星座の配置   で 宇宙が変わる






お友達と話して  そう   思った   ある日のこと


瞬間でしたが   雲間に   太陽さして    光る雨と雪



背後には    虹がいた









父と母という  宇宙が出会い


私という  星が うまれた


導きを導きのままに


点     と   点   


 線    を  結んで       ひらいて


手を  うって     天へと放つ