2018年5月15日火曜日

はかないモノやコト

土と戯れ

泥だらけの蝶になり

微笑んでいよう

優しい雨は降り注ぎ

頰に伝う  雫

野に  垂れ 伏せて

花の目で見た

草の目で聞き

虫の目で覗く


土の上に在る
土の上に在る


天の下に在る
天の下に在る



天と地も無く
天と地も無く


同時に存在し
共にある


細胞 は共有なのか
どちらかわからないほどに


おかしなことに 何もなく

とても何かがうったえてくるので

涙がただ流れる

わたしの涙なのか だれかの流し忘れた涙なのか

わからないけれども 涙は流れたくて

流れていくのだろう



ささやかで  はかないモノ




ちいさくて めにくれぬモノ

わすれさられたような コト

すてらてた モノ と コト

ひとしれず かなしみにくれるモノ


そんなようなモノやコトたち  に

そっと  よりそえたなら

さわさわと 風が撫でるように

そんなようなコト たちが  いま  とおりすぎる

かわったのだ

すっかり かわってしまった

そしてまったくもってかわらず

ひとつとして わからない

しったように  おもえども

まったくもってえられない





オマエサマはオマエサマをいきて

ワタシドノはワタシドノをいきて


オマエサマもワタシドノも

枯葉にとおる風のようだと

笑うんだよ

炭の灰が雨にうたれて  土と同化するように



葉にたれた雫たちが

集まって

 一つになるように

一つなんだ


一つなんだ








2018年5月7日月曜日

障子はり





障子 はり はり 会  

参加 どうもありがとうございました







鳥取 青谷 和紙職人 の秋吉さん 

から  和紙を たくさんいただいたので


柿渋、弁柄、茜、藍などで 染めて障子はもちろんのこと

壁 を和紙に する 予定です。



毎日 リフォーム 頑張っています  



大変なこともおおいですが とても たのしいです






今は アトリエ hyoutandou  と NAYA gallery  のほう に 集中し とりかかって

います。  一から作る空間なので  無限すぎて  試行錯誤の毎日です

その合間をぬって


植樹 と 種まき  球根植え付けなど  も しています

金木犀、 キウイ、 キンカン、 タンカン、  山椒、

ホワイトセージ、 ラベンダー、 お花類::::::etc

木と 植物との 距離や 水はけ 

日当たり、風向き、  考えています。


日々 学び 
 

日々 失敗


日々 感謝


鳥取旅おもひで





















日々の暮らし

日々の暮らし を うつす  

4月の出来事ですが


桜の塩漬け








桜と蓬のフォー






三段峡で 着物 中国茶会





バラ茶



2018年5月5日土曜日

Pele

Pele

大地の母よ   火の女神よ

私を目覚めさせてくれた母よ

私を抱きしめてくれた母よ

私の涙を受け止めてくれた母よ

あなたの  優しさ  で

私は  わたしを思い出した

あなたの   強さで

私は  立ち上がることができた




また  今  また

あなたを    思う


あなたは   私を  思うように


わたしはあなたを祈るように

あなたはわたしを抱くように



Peleは


よんでいた



 pele

と  共に在る


うみだし


大地の陣痛を


Oo


Peleよ





Oo pele よ



あなたと


共に



抱きしめるように


和らぐように








2018年4月25日水曜日

earth

小さな茅葺屋根の地中に掘られた 
土の家 の中で 茅が敷き詰められた空間
土壁は 火でいぶされて 上は乾き下はまだ湿った土のにおいがした
たき火に火をくべて 静かに火を見つめて動き を追う
不思議な虫の音が 夜中に鳴り響き 風が吹いて去っていく模様が見える
私は 茅と土の寝床に 体を横たえて もぐりこんだ 

夢の中で私は妊婦だった 生命がいるお腹の中は
懐かしく 暖かだった ああなんて懐かしい感覚なんだろうか
生命をお腹の中で抱いている うごめくお腹と生命の呼吸
ああ なんて愛おしいのだろう 私は地球という生命を身ごもっていた

朝目が覚めて 泣いた この感覚を味わわせてくれてありがとう
もう子供を産むことはないと思っているから とても幸せな夢だった。
お腹に子供がいる感覚は 久しぶりだったので なんだか じんわりとした。
どうしようもなく切なくて 愛おしい 感覚 生命を宿すのは 
宇宙そのもの愛でしかない   
膜の中で つつまれる 鼓動を聞きながら 全面において安心していた

地球に舞い降りるとき 私は私を 忘れるんだ
私は私を忘れてしまって なんでこんなに不信感を抱くのだろう
何度もなんども 自分が好きになれない それでもどうにか愛そうとしている
全面的 信頼と 愛をなんで忘れるんだろうか もう何十年も この葛藤なのだ
分かったように思う瞬間は またたくまに きらめき 消える
光っては消え 光っては消え  どうしようもない暗闇で 手探りなんだ

真っ暗闇の中で 手探りで どうしようもないから 途方に暮れる
ちっぽけさや 小ささに 少しでもいいから光を 必死に当てるんだ
くりかえしくりかえし同じことを くりひろげて いる

人間なんてラララと 思うけど 子供がお腹にいる神秘の感覚はやはり奇跡というほかない
忘れんなよ 忘れんなよ 忘れんなよ 小さな私が言うた。
途方に暮れて たひも 涙を 流し続けたひも いつも自然が なだめてくれた
ほかでもない 自然が 地球が なだめてくれたんです

私は地球にやさしく キスとハグをしたいな なだめてくれた モノ言わぬ 青い丸い君に
今度は なだめてあげれるのだろうか 
ごめんよ 私は くりかえし 馬鹿なことばかりやっている 
わからないんだ 正直 どうして あなたを 喜ばせていいかわからない
地球と一体化した 夜に  私は なつかしさの中で 泣いた

ああ 地球は なんて苦しくて せつなくて 楽しくて ばかげている星なのだろう
なんで こんなに 美しいのか な 
ああ いやになる ほどに捧げる
earth

2018年4月19日木曜日

4/28 障子を貼ろうの会

4/28
障子を貼ろうの会

ひょうたん堂アトリエにて

障子24枚

みんなで貼ったら早いじゃないか!

ということで障子貼りはり大会します

是非ご協力ご参加ください。
お助けくださいませ!

娘と手作りのお菓子と
美味しいお茶をご用意いたします。
希望があれば唄いますし・・・・・・・



参加希望の方は

メッセージください!

hyoutami ☆gmail.com
(☆を@にかえて)