2018年2月20日火曜日

hyoutamiLIVEスケジュール2018



愛けましてお芽出とうございます2018    

            旧正月2/16

   a  happy new year 2018  

                ∞    ∞
     ∞   ∞    ∞
       ∞    ∞
                                     


                  今年も どうぞ よろしくお願いします。

                                                                           ⁂


hyoutami LIVE スケジュール 2、3月 の予定です。

今年も ご縁 愛ます 皆魂と お会いできることを楽しみにしています。

ご都合 愛ましたら うた を ききに 愛に きてくださいませ。


2月  予定

●作曲家 naka tomoya さん の作曲された 楽曲レコーディング ::::

素敵な作品を 作られている tomoyaさんとの コラボレーションです、リリースは春。


●2月28日 「即興コネクト 001」 @ UZU  上下町広島
10:00-日没
11:00-パプアニューギニアや屋久島のお話 
13:00-エチオピア直伝自家焙煎WS
15:00-hyoutamiLIVE

参加費¥自由料金制ハートマネー 
詳しくは
詳細↓ 
https://www.facebook.com/events/221720811725239/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1518675599839797


3月  予定

●3月10日(土)11日(日)
@小室浜海水浴場(広島県福山市)
2days camp event!...
《ONE LOVE》開催決定!!

出店、ライブ、綱引き、御神輿担ぎ!!
みんなで創る愛の楽園、ONE LOVE!!
入場料、出店料共に投げ銭!
愛と心意気で成り立てるone love

*hyoutamiは10日のお昼くらいLIVE予定


●3月17日 hyoutami うた @さざなみ園  東広島


⁂    ☆彡   ⁂


●3月19日 春の「うさとの服展」
          hyoutamiLIVE @京都八瀬 猫猫寺
LIVEstart17時~
(休憩はさみながら1時間半)

¥自由料金制
場所: 猫猫寺 
〒601-1253 京都市京都市左京区八瀬近衛町520
075-746-2216
詳細↓
 

●3月21日 手作りマルシェ@古民家SATOYAMA 湯来広島
ひょうたん堂 油みそ出店 します! 
hyoutamiはいませんが たみそがいます!


●3月23日 「春むかえの音楽会 」〜はな ひかり たね〜@holoholostore 加計広島
出演
里花(歌) 妙香(舞)
opening act = HYOUTAMI(歌) 千春(踊り)
開場 18:00
開演 18:30
参加費 2000円(1ドリンク付き)
会場HOLOHOLOSTORE
(広島県山県郡安芸太田町加計3438)
詳細↓
https://www.facebook.com/events/209554346451571/





4月 予定

●㋃27日 7G walk  @ holoholostore 加計広島
サンダンスにむけての意識合わせ
映画、音楽、シェア、お話。

後日 詳細・ UP  


冬場は アトリエの改装と 作品作り、などで 籠っていようと思っていましたが、
2・3月と また むくむく 春に向けて 動き出す ことに なりました。

春には いよいよ アトリエに 引っ越す予定です。



16年間 地道にやっていた「ひょうたん堂」のアトリエ工房を構えます。
naya ギャラリー・ 無限スペース88、 など も展開していく予定。

コンセプトは「ひょうたんのある暮らし」::::::~夢幻の暮らし~

それにともない、 改装、ひっこし、お手伝い頂ける 助っ人様募集中です!

どうぞ お力添え よろしくおねがいします。






今年も

広島上流 より  

内なる 愛と 平和の 意識を 水に 込めて 世界・宇宙に発信 流していきます。


  
hyoutami 今年も どうぞ よろしくお願いします。

全てが 愛に 愛に 道 未知 満ち 溢れました。

感謝 御礼 * 

導かれるままに  見守られて




2018年2月10日土曜日

瓢箪と鰻と鼈と鮎

瓢鯰図

「瓢箪で鯰をおさえとることができるか」







ひょうたん堂 の アトリエの 改装 妄想 で 忍者屋敷 の半中二階 の茶室的文学部屋がある
そこは障子窓をあければ川が見える 特別な部屋なのだ。その川と言えば、鰻と鼈と鮎が 生息
しているのである、鰻と鼈はなぜかその区域が多く生息しているらしく、今年は名人について漁を
しようとこころみているのである。その部屋の窓はこのようなひょうたん窓に必ずなるであろう。
瓢鯰図のように 瓢箪で鰻と鼈を釣ることができるのか 禅問答 の 問。 そのひょうたん窓から
見る川はさぞ可笑しい景色であろうな。 と茶をすする。 まだこれは妄想の段階なのであるが
もう具現された みえないひょうたん窓から鯰と鼈と鮎が釣れて 囲炉裏端で 焼くは煮るはの晩餐を夢見るのである。はかなき夢は 一粒の米も収穫できずに終わっても 叶ったのだ。
何を形作ろうと、何になろうとしても その実態の本質は 無きモノのような 誇ることも なく 朽ち果てて 日々に溶け合っていくんだろうかの。 

日々の日常から












日々うまれたモノ


http://hyoutandou.thebase.in/
「Red turtle」
[宮古島の海で泳いだ日々、
太陽の陽射しが水面を照らし
...
珊瑚の森へ光がさした。
虹色の魚をおいかけて
誘われるままに〜
青の青の空間に漂っている
聞こえるのは、
呼吸と光にぬけていく泡の粒の音
か。。。
ふと横に目をやると
大きな亀がすいーっと
私の存在を丸ごとのみこんで
知らんぷりしながら泳いでいく、
私は小さなひれを頼りに後について
青の青になるまで
泳いだんだ。:::::::] *
+
昨年、ジブリ映画の「レッドタートル」という作品を観ました。。
染み込むほど奇妙で心の中に浸透してジワジワくるほど衝撃の作品だったのです。
それとつらなり波のうねりと亀が彫りたいそう思って。。。
新月の日に
order頂いた、瓢箪ランプが
完成いたしました。!!
亀を彫っている時、幾度となく海で出会った亀を思うて。。
亀とずっと泳いでいるようでした。
この作品は南の島へ行きます。
ありがとうございます!!
Mahalo nui loa:::::::::;;;;;;;
瓢箪は25年モノの、柿渋塗り
たまに瓢箪ランプも作ります
愛してやまない瓢箪をずっと触っていられる幸せなひと時◎








2018年2月7日水曜日

タミフル



息子が風邪をひき   熱出し、

娘がインフルエンザB型になり、大熱、

父が風邪をひいて  鼻水、

母が風邪をひいて 鼻水、

のこすところ、タミフルだけになりました。


タミフルはフルパワーで雪かき


60センチ積もり  雪かき、明くる朝40センチ


雪かきしてもしても雪がふるし


みんな風邪ひくし   タミフルも氣をゆるさないように


気をつけて      フランキンセンスさまでオンガード


オタミフルは狂ったようにエンドレスノットを彫り


狂ったようにエンドレスノットを刷り上げた



狂ったように  落花生煎餅を無言で食べた。





今のオタミフルのナチュラルメディスンは


星野道夫さん

2018年2月4日日曜日

立春

立   春



時間と物語から        ぬけて



どこでもない  なんでもない        あれへ



降り積もっているのか   積もり降っているのか


まいて  いるのか   ひろっているのか


くうて  いるのか    くわれているのか


あれ     の    あられ   は

ぞわぞわして   さわさわ   やさしく


もぞもぞ   なのさーね


   雪の表面のきらめき

ほどに   ほふほふ   ふぁ  ふぁ   で  


とけて    なくなるし

ほふほふ   ふぁ  ふぁ   の中を   およいで


とらえられたら    うろことりに  内臓とり

おろして  さばいて    踊り食い


ピンク色の輝きの   歯ごたえと   のどごしが



舌の触覚   を  まろむ


春が   立ったから    

口あけて      パクパク


虫的      かんかく   ほどに   触覚と   羽が



ぶるんぶるん   ぞわぞわ    しだすわぃ


おぃーい     もぞもぞするじゃねーかい


昔ばなしは   瞬間に   いきて   ハラかかえて


わろうておるし      な


2018年1月30日火曜日

水道管

真冬の寒さで

水道管破裂。

たった1日元栓を開けっ放しにしていた

あちゃ〜

お友達にお電話。あのぉ〜〜

すぐに駆けつけてくれて

道具を確認、なおしてくれる。


あぁ!頼もしい仲間がいてほんとに良かった


すごい、、みんな自分たちで家建てたり、

古民家再生している。

近くに先生が沢山いますので、助かります!


学び多き暮らしになりそうです、


薪ストーブを置こうと思っていますが、

一冬ぶんの薪を割る自信がない。。。笑


昨年亡くなられた自然遊びの師匠がいつも、山へ出かけては


ひょいひょいと木をとってきて、炭にしていたのを思い出して


ちゃんと炭焼きを学んでおけばよかった。。と。。


10歳の頃からこの方に、ナイフの使い方かた、カヌーの乗りかた、

大工、ロープ結び、旧暦と農業など、沢山の事を教わったのに、


何一つとしてしっかり身になってなかった事を思い知った。


また思い出し、真剣に実践生きることを見られているようです!


生涯学習が山積み。高い山の上のまた遥かなる高い山、

どの世界も上には上がいて。


はてどない。


でも、足りないものはなにもないのかもしれない


簡素にいきる











2018年1月21日日曜日

左官 と タイル と瓢箪

左官職人に憧れています

最近、アトリエのリフォームの勉強のため

図書館で本とYouTubeで漆喰塗り、タイル貼り

を研究しています。

左官職人の人がパティシエのように

壁を塗っていく様がかっこよすぎて!

均一に手早く滑らかな手捌き。。。

んー実践あるのみなのです

漆喰塗りは、前に宮古島の赤瓦の屋根の古民家に

住んでいた時、雨漏りの屋根を漆喰塗りして、

寝室は、コズミックヘンプを下地に塗り

上は、漆喰、海砂、ヘンプチップと混ぜて塗りました。

貝殻を沢山埋め込んで素敵な壁になりました。

今回の古民家は、壁を弁柄漆喰にしようと思っています。

土壁の部分に  エンドレスノットもいいなと

イメージを考えています。

タイルはみなさんから沢山頂きましたので

モザイクにしていこうかと思っていますが

20×20の大きめのタイルも来たので、手間もはぶけて

これをバーーーーンっとはるのもいいかもしれないし、

バリバリに割って、スペインのグエル公園のようなガウディの作品みたい

に楽しくするのもありかもしれない。。。と
イメージを膨らませています。。

サンタフェや、メキシコのようなタイル貼りも

素敵なのですが、このザ、日本の家屋に、中米Styleは


合うのか、自問自答を広げています。


日本の古民家なので、古き良き日本をそのまま感じれる

簡素な シンプルな  方が  いいのかもしれませんし。


何故か、ここは外国の方が来るんじゃないかと

思っていて  日本と西洋を混ぜてもいいかもしれないとも。。


なんといっても「瓢箪のある暮らし」がテーマ

なので、世界中の瓢箪  を暮らしに使い、味わうことを

してみたいのです。

私のコレクションを全て実践、実用化させることで

瓢箪の無限さを楽しめたら   暮らしが面白いのではないかと。


手が8本ほしくなるくらい   あれもこれも  やりたいことが


たくさんです。  


もうすこし、   器用になんでも出来るようになろう


大工仕事もパソコンのやり方も

わからないので  まだまだ勉強することが山のようにあります。


少しづつだけど  具現化させていく次第であります






2018年1月15日月曜日

1/24(水)Hyoutami Live&瓢箪笛ワークショップ

1/24(水)
Hyoutami Live & 瓢箪笛ワークショップ
のお知らせです。
 

 二部制になっており、お昼は、ひょうたん笛のワークショップ、
夜はひょうたみliveになります。

「ひょうたん笛ワークショップ」
 14:30START~(約二時間)
参加費1200円+ワンオーダー (要予約制限定15人)
          
ひょうたんを使って笛を作ってペイントしてみよう! 
界にたった一つだけのひょうたん笛を作って 
鳥と交信して 吹いてみましょう*


「hyoutami LIVE」
START19:30~    ...
参加費 自由料金制(ドネーション)
+ワンオーダー

開場
Natural food Village
〒6068175 京都市左京区一乗寺築田町95 第一メゾン白川202
電話・075-712-3372
問い合わせ・予約: hyoutami ☆彡 gmail.com(☆彡を@にかえて)
 
 
 
 
 

hyoutamiプロフィール
ひょうたんをこよなく愛する唄うたい。広島出身・在住。9年間の沖縄は宮古島生活にて日常にある音楽・唄に出会い歌いだす。日々の暮らし・内なる気づき・子育て・旅・をとおして降りてきたうたを織りなし表現する。2013年「今ここ」デモCDリリース・2015年「ウタタネ」CDリリース
 
 
 
 
 
 
瓢箪笛  つくり  ふいてみます。
 
 
 
 

日々の自然から














日々うまれたモノ